地域別で探す
どのような多重債務者が任意整理向き?

・債務の額が比較的少額で、債権者数も少なく、収入も安定しており、毎月の返済負担が重くなりすぎない人。
・借入期間が長く、利息制限法の引き直し計算により、債務が大幅に減額される見込みのある人。
・一部の債権者に対する債務だけを整理の対象にしたいなど、柔軟な解決が必要な人。
・ギャンブル・浪費による借金があったり、借り入れ時期や方法が詐欺的など、破産法所定の免責不許可事由があったり、収入の安定性が見込めないなど、民事再生手続きでは、認可を得ることが困難な人。
・親や親戚からの資金支援が期待できる人。
・自身の所有財産の価値が、換価出来ないものも含め、高額になり、民事再生手続きを採る場合、返済額が高騰する人。

これに対して、最近になって借入が増えた人や収入が安定していない人などは、任意整理による借金整理が難しいことが多いでしょう。

詳しいことは、専門家に相談したほうが良いでしょう。
無料相談の案内をしています。

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!